婚約について考える

婚約の意味はほとんどの人がイメージで理解していますが、婚約について深く考えたことは意外とないかも知れません。
まず婚約の定義を考えていきましょう。
婚約とは将来結婚する相手と決めたことを言います。
二人以外の第三者に関係を伝えるために使うことが多いようですが、二人の関係の間だけでも自分たちの関係として使うこともあります。
ただし結婚と違い法的な手続もないので、関係を結ぶのもやめることも特に枠はありません。

婚約という関係を決める事で、結婚という次の段階に進む確実性を感じることができ、結婚への気持ちの引き締めるというメリットもあります。
しかしこれを悪用した結婚詐欺などは、婚約をすれば結婚すると思い込むという気持ちを利用した詐欺のことを言います。

さて婚約の証ですが、これは二人だけの口約束で成立しますが、これは証拠がないのでまったく法的な枠はありません。
それでも婚約パーティーなどで周りの人に婚約を知らせる場合もあります。
また日本では結納というかたちがあり、いわゆる男性と男性の親が女性と女性の親のところへ行き、「お嫁さんとしていただきます」ということで、その証の品を届ける風習があります。

養子の場合は逆に女性側が男性側に結納を持っていきます。
これで家族同士も納得した婚約となります。
昔は結納金として、お金や結納のさまざまな品を男性側から女性側に持っていく風習でしたが、今はあまりそのようなことをせず、両家の食事会のようなことで済ませてしまうことも多いようです。
またまったくそのようなことをしないカップルも多くなっています。
つまり婚約はいろいろな婚約があり、どれも婚約であるとも言えるのです。



◆婚約関連情報
価格と品質を兼ね揃えた婚約指輪を購入できるサイトです ⇒⇒⇒ 婚約指輪 価格

Copyright © 2014 現代の婚約の考え方 All Rights Reserved.